現在の位置トップページ > 各課のお知らせ > しあわせ創造部 地域福祉課保健医療係(保健センター) > 夏に向けて、蚊の発生源対策をお願いします

夏に向けて、蚊の発生源対策をお願いします

昨年、代々木公園において、デング熱の発生がみられました。このように蚊に刺されることによって感染する病気があります。海外からの渡航者ならびに海外よりの帰国者がデングウイルスを体に持ったまま、日本に入国することがあります。流行地でデング熱に感染した人が日本で蚊に刺されると、その蚊の体内でデングウイルスが増えます。その状態の蚊が他の人の血を吸うことで感染を広げていきます。感染してもすべての人に症状が出るわけではありませんが、これから夏にむけて、蚊などが発生する季節となります。今の時期から、病気をうつすことのある蚊に対しての対策をお願いします。

■ 幼虫対策(7月下旬まで)

庭先、家の周りには雨水がたまる植木鉢の受け皿、バケツ、空き缶やペットボトルなどを放置しないようにしてください。

■ 成虫対策

家屋内に浸入することもあるため、防虫網などによって蚊の侵入を防ぎましょう。草むらなどに入るときは、肌の露出しないような服装で、長そで、長ズボンの着用をしてください。虫よけスプレーや蚊取り線香の併用も効果的です。

  潜伏期間 症状
日本脳炎 6日から2週間 発熱、消化器症状、全身倦怠感など
ウエストナイル熱 2から8日 突然の発熱(39度以上)、頭痛、筋肉痛。時に消化器症状、発疹。
デング熱 2から15日(多くは3~7日) 突然の高熱(38度以上)、頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹など

参考資料

書類 ダウンロード
 夏に向けて、蚊の発生源対策をお願いします ダウンロード
PDF(207KB)
「デング熱発生源編 ポスター」 厚生労働省(平成26年10月作成) ダウンロード
PDF(372KB)
「感染症は一国の問題ではない。~エボラ出血熱、デング熱を例に~」
平成26年度新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究推進事業 研究成果発表
(平成27年2月作成)
ダウンロード
PDF(9.64MB)

「害虫にご注意ください」へ戻る

お問合せ先

岬町立保健センター(しあわせ創造部 地域福祉課 保健医療係)

〒599-0311
大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2424-3
電話番号:072-492-2424・2425