航路再生への現況の取組み

近畿地方整備局和歌山港湾事務所訪問の様子

平成25年12月18日

 

近畿地方整備局和歌山港湾事務局を訪問し、谷島義孝所長と面談しました。町長は、海洋環境整備「海和歌丸」の深日港への寄港など、PR活用について懇談しました。

平成25年10月24日

平成25年度 近畿港湾協議会 意見交換会が、近畿地方選出国会議員の参加のもと都内で開催されました。その中で田代町長は、深日港の活性化に向けての意見並びに国の支援を求める要望を行いました。
 

近畿港湾協議会の様子近畿港湾協議会の様子

 

ページトップへ戻る

説明をおこなう種村副町長

平成25年10月24日

 

日本港湾協会等港湾関係5団体は24日、東京都千代田区の砂防会館で「経済と暮らしを支える港づくり全国大会」を開催しました。田代町長をはじめ、5団体の関係者約1000人が参加し、政府に防災機能や国際競争力の強化へ向けた港湾整備の推進を求める決議を行いました。

中井所長との面談の様子

平成25年10月18日

 

近畿地方整備局大阪港湾・空港整備事務所の中井隆所長と面談しました。町長は、今後の深日港再生にむけて進めている「みなとオアシスみさき」や災害時の深日港の活用について説明しました。

ページトップへ戻る

近畿地方整備局訪問の様子

平成25年10月18日

 

町長は、港湾空港等を所轄する近畿地方整備局を訪問し、田邊俊郎副局長と面談しました。

田代町長と竹内市長

平成25年10月11日

 

町長は国土交通省公共事業調査室を表敬訪問し、難波喬司技術総括審議官、鈴木徹室長と面談しました。

ページトップへ戻る

近畿地方整備局を訪問する田代町長と種村副町長

平成25年8月1日

 

ホテル・アゴ-ラ リージェンシー堺で開催された、大阪府港湾協会の理事会に出席しました。また、大阪府港湾協会通常総会に出席し、平成25年度事業計画(案)並びに収支予算(案)等に審議しました。

平成25年7月5日

神戸市で開催された、近畿港湾協議会 理事会に出席しました。 田代町長は、大阪港湾協会の推薦を受け、本年度理事に就任しました。
 

近畿港湾協議会理事会の様子近畿港湾協議会理事会の様子

 

ページトップへ戻る

日本港湾協会平成27年度定期総会の様子

平成25年6月30日

 

第2回深日港活性化イベント「深日港フェスティバル」が開催されました。町長は、深日港の再生は岬町の活性化だけでなく、関西空港からの南まわりの大阪湾周遊ルートを構築することは南方面への人の流れを生み出し、広域の地域活性化につなげることができる、と述べました。

平成25年6月24日

近畿地方整備局和歌山港湾事務所所属の海洋環境整備船「海和歌丸」は、安全な航行のために海上の浮遊ごみや流出油を回収する専門船です。近畿整備局では、万が一の津波襲来後に迅速に紀伊水道などの航路を確保するために、深日港の活用について検討を開始しました。 今回はその一環として、和歌山基地港から深日港への試験寄港が実施されました。町長は、議長をはじめ関係者と乗船し、その役割を確認しました
 

左から種村副町長、神原社長、田代町長、伊藤相談役津波シェルター

 

ページトップへ戻る

姫路みなとミュージアムの視察の様子

平成25年6月1日

 

姫路みなとミュージアムの視察を行いました。
瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会主催の視察に参加し、深日港のみなとオアシス登録に向けた取組みへの研修に努めました

平成25年5月31日

 

瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会総会に参加しました。
瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会は、瀬戸内地域の更なる振興と発展を図ることを目的に発足し、平成3年5月に設立されています。姫路市で開催された今回の協議会には、市町村長、府県並びに国土交通省関係者140名が参加しました。
 

 

瀬戸内海の路ネットワーク推進協議会の様子瀬戸内海の路ネットワーク推進協議会の様子

瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会の後に開催された第7回瀬戸内海首長サミット(23市町村長)では、町長は今回の淡路島を震源地とする地震被害に対して、深日港から洲本市に救援物資を届けた事例について述べ、有事の際、海の路を介した連携により相互に救援協力するため、平素からシミュレーションしておく必要があると提言しました。

瀬戸内海の路ネットワーク推進協議会の様子瀬戸内海の路ネットワーク推進協議会の様子

 

交流会では、国土交通省大脇崇大臣官房技術参事官に、深日港の経過や今後の地域間の連携について考えを述べ、積極的に要望を行いました。

ページトップへ戻る

平成25年5月25日

 

町長は、(仮称)岬町観光協会設立準備委員会に出席しました。町長は同委員会で、観光資源豊富な岬町観光をさらに推進することによって、まちの価値を高めることが大切である、と挨拶しました。
 

岬町観光協会設立準備委員会で挨拶する田代町長岬町観光協会設立準備委員会で挨拶する田代町長

山縣宣彦港湾局長との面談の様子

平成25年5月23日

 

国土交通省港湾局を訪問し、山縣宣彦港湾局長と面談しました。町長は今後想定される東海・東南海・南海地震等の大規模地震災害に備え、深日港を活性化し平時の利用振興等を通じて地域間の絆を深め、災害時には海の路のネットワークを活かして地域防災力の強化を図るよう要望を行いました。

ページトップへ戻る

鶴保庸介国土交通省副大臣を表敬訪問する田代町長

平成25年5月19日

 

鶴保庸介国土交通省副大臣を表敬訪問しました。
町長は、深日港活性化の取組現況や南海トラフ地震での和歌山下津港の減災対応の連携の可能性などを説明し、深日港と淡路島の航路再開についてお願いをしました。

大阪府立大学池田教授との面談の様子

平成25年5月17日

 

国土交通省近畿地方整備局を表敬訪問しました。
国土交通省近畿整備局を訪問し、田邊俊郎副局長と面談しました。町長は、岬町が取り組んでいる深日港活性化の取り組みや予定を説明し、今後のご協力をお願いしました。

ページトップへ戻る

平成25年4月24日

 

国土交通省近畿地方整備局を表敬訪問しました。
日本クルーズ&国土交通省近畿整備局を訪問し、田邊俊郎副局長と面談しました。町長は、岬町が取り組んでいる深日港活性化の取り組みや予定を説明し、今後のご協力をお願いしました。
 

日本クルーズフェリー学会の様子日本クルーズフェリー学会の様子

鈴木徹所長と面談する田代町長

平成25年4月24日

 

国土交通省近畿整備局 大阪港湾・空港整備事務所 鈴木徹所長を表敬訪問しました。町長は、深日港の活性化について協力をお願いしました。

ページトップへ戻る

平成25年4月15日

 

4月13日早朝に発生した淡路島付近を震源とする地震において、淡路島の洲本市が被災したため、岬町から緊急支援物資を届けました。岬町(深日港)と洲本市(洲本港)は、過去には海上航路で結ばれており、今も友好関係にあります。今回の緊急支援物資の輸送では、海上交通手段を使用したため、約30分で緊急支援物資を届けることが出来ました。陸上交通網が寸断された場合、海上交通による緊急支援物資の輸送は効果的であり、その重要性を再認識しました
 

緊急支援物資調達の様子緊急支援物資調達の様子緊急支援物資調達の様子緊急支援物資調達の様子

大阪港湾局訪問の様子

平成25年4月3日

 

大阪府港湾局を訪問し、井上局長、堤次長と面談しました。町長は、深日港の活性化について、国、府、岬町が連携して進められるよう協力を要請しました。

ページトップへ戻る

小河副知事と面談する田代町長

平成25年3月28日

 

大阪府の小河副知事を訪問し面談しました。町長は、関空からの南まわりルートや深日港活性化などの町の施策について説明し協力をお願いしました。

泉州観光推進協議会首長会議の様子

平成25年3月28日

 

泉州観光推進協議会首長会議に出席しました
堺市以南の9市4町が参画する泉州地域プロモーション実行委員会が設立され、関空イン・関空アウトの泉州観光を推進することになりました。町長は、ビーチバレークラブの設立や関空から南まわりルートの推進について協力を要請しました。

ページトップへ戻る

大阪府町村長会定例総会の様子

平成25年1月16日

 

平成24年度で第5回目となる定例総会に出席しました。防災・減災事業の促進の議案では、町長は、災害に強いまちづくりを考える上で、災害支援などに活用する港の整備はたいへん重要であると述べ、深日港の重要性について理解を求めました。

要望活動の様子

平成24年11月30日

 

深日港航路構築に向けて、大阪府港湾協会とともに神戸市にある国土交通省近畿地方整備局港湾空港部に要望を行いました。町長は、深日港と淡路島との航路の再生は、関西国際空港を拠点とした南まわりの大阪湾循環ロードを構成し、観光による地域活性化につながること、また、深日港は阪神淡路大震災の際に復旧支援に寄与したことから、有事の際にも大阪湾周辺の防災、減災に適した港湾であることを説明しました。これらについて、地方整備局田邊俊郎副局長からは、港湾整備に関する様々な話題提供があり活発な意見交換が行われました。

ページトップへ戻る

国土交通省海事局を訪問の様子

平成24年11月8日

 

深日港航路構築に向けて国土交通省海事局を訪問しました。
町長は、深日港と淡路島との航路の再生は、関西国際空港を拠点とした南まわりの大阪湾循環ロードを構成し、観光による地域活性化につながること、また深日港は阪神淡路大震災の際に復旧支援に寄与したことから、有事の際にも大阪湾周辺の防災、減災に適した港湾であることを説明しました。これらについて、国土交通省海事局瓦林康人内航課長からは、航路に関する様々な話題提供があり、活発な意見交換が行われました。

平成24年10月25日

 

近畿港湾協議会意見交換会及び「港湾を考える全国集会」に出席しました。
近畿港湾協議会意見交換会では、長安国土交通副大臣をはじめ多数の国会議員が出席され、町長は今後発生が予想される南海トラフ地震等において、大阪湾や和歌山周辺の港湾の災害支援のために深日港が平常時に航路を確保して支援する制度が必要であると訴えました。意見交換会後「港湾を考える全国集会」に出席し、その後観光庁、国土交通省道路局を訪問しました。
 

近畿港湾協議会意見交換会及び港湾を考える全国集会近畿港湾協議会意見交換会及び港湾を考える全国集会近畿港湾協議会意見交換会及び港湾を考える全国集会

ページトップへ戻る

要望活動の様子

平成24年9月28日

 

洲本市を表敬訪問し、深日港活性化イベントにご来場いただいた竹内通弘市長、濱田育孝副市長、森屋康弘副市長と面会し直接お礼を述べました。さらに、洲本市と岬町の海の道ネットワークの構築について、今後の協力をお願いしました。

平成24年9月20日~9月21日

 

大阪府港湾協会による宮崎港・細島港視察及び意見交換会に参加しました
宮崎県「宮崎港・細島港」で開催された、港湾整備に関する視察に参加しました。意見交換会では、大阪府港湾協会金盛弥会長らに対し、深日港の施設の充実・港周辺の活性化・航路再開について、情報交換を行いました。
 

視察の様子視察の様子

ページトップへ戻る

平成24年9月17日

 

「深日港活性化イベント・深日港いきいきフェアー」を開催しました。台風16号の影響で、チャーター便によるミニクルーズやシーカヤックなどの海上イベントは中止となりましたが、洲本市長をはじめとして多くのご来賓、住民のみなさんにご参加をいただきました。また、海風館では「深日港活性化イベント意見交換会」を開催し、深日港の有効活用と航路の復活について意見を交換しました
 

深日港活性化イベントの様子深日港活性化イベントの様子深日港活性化イベントの様子深日港活性化イベントの様子

大阪府港湾協会理事会の様子

平成24年7月11日

 

大阪府港湾協会理事会及び通常総会に出席しました。
リーガロイヤルホテル堺で開催された、大阪府港湾協会の理事会に出席しました。また、大阪府港湾協会通常総会に出席し、平成24年度事業計画(案)並びに収支予算(案)等を審議しました。

ページトップへ戻る

平成24年7月9日

 

国土交通省近畿地方整備局大阪港湾・空港整備事務所を訪問しました 国土交通省近畿地方整備局大阪港湾・空港整備事務所では鈴木徹所長と深日港の役割等について会談しました。

要望活動の様子

平成24年6月4日

 

国土交通省港湾局に要望活動を行いました
東京霞ヶ関にある国土交通省港湾局では、深日港の活性化について、議長、事業委員会副委員長と共に、山縣港湾局長と面談し要望活動を行いました。

ページトップへ戻る

平成24年6月1日

 

第6回瀬戸内海首長サミットに出席しました
 

 

第6回瀬戸内海首長サミットの様子第6回瀬戸内海首長サミットで発言する田代町長

瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会の後開催された、第6回瀬戸内海首長サミット(22市町村長)において、町長は、岬町の深日港は、阪神淡路大震災の際に物資輸送の救援に貢献した事例を紹介し、有事の際、海の路を介した連携により相互に救援の協力をするためには平素から港を活性化しておく必要があると提言しました。

瀬戸内海の路ネットワーク推進協議会の様子瀬戸内海の路ネットワーク推進協議会の様子

 

瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会閉会後、田代町長の発声により交流会が開催されました。国土交通省福田功大臣官房技術参事官に対し、深日港を新たに海の路のネットワークに組み込んでいただき、深日港の歴史や今後の地域間の連携について考えを述べ、積極的に要望を行いました。

平成24年5月23日

 

国土交通省を訪問しました
山縣宣彦港湾局長と面談しました。町長は今後想定される東海・東南海・南海地震等の大規模地震災害に備え、深日港の再活用による平時の利用を通じた地域間の絆の強化や、海の路のネットワークを活かした地域防災力の強化を図るよう要望を行いました。
 

協定締結の様子


ページトップへ戻る

平成24年5月8日~9日

 

泉州市・町関西国際空港対策協議会参加の9市4町の首長による海外視察に参加しました
関空と伊丹の経営統合を目前に控え、関空の機能強化方策や周辺まちづくりの推進、国際拠点空港と近隣空港の役割分担や観光施策の現状把握、情報発信方策等を研究するため、仁川空港、韓国観光公社を視察するとともに、日本政府観光局ソウル事務所を訪問し、関空や地元市町の観光PRを行いました。また、今回参加した9市4町の首長とともに、関西空港を利用する外国人観光客に滞在してもらおうと、観光を促進するための組織の立ち上げなどを確認しました。
 

海外視察メンバーの皆さま海外視察の様子

平成23年10月27日

 

「港湾を考える全国集会」に先立って、開催されました「近畿港湾協議会意見交換会」では、近畿地方選出の国会議員に対し、深日港の現状と課題を報告し再活用に向けた港湾整備などについて要望を行いました。
 

港湾を考える全国集会の様子近畿港湾協議会意見交換会の様子

ページトップへ戻る

要望活動の様子

平成23年10月27日

 

港湾を考える全国集会に出席しました
東日本大震災被災地の一日も早い復旧・復興がメインテーマの本集会には、多数の国会議員が来賓として参加されました。町長は、「みなとまちからはじめる観光と交流」の懸垂幕を見ながら、深日港の復活に向けて全力で取り組む決意を強くしました。集会終了後は、国土交通省に対し、要望活動を行いました。

航路復活についての意見を交わす田代町長

平成23年6月10日

 

国土交通省近畿運輸局海路航路部長が来庁され港路復活等について懇談しました

ページトップへ戻る

 

平成23年6月10日

 

神戸における近畿地方整備局港湾空港部を訪問し、  深日港再構築及び地域活性化への協力について要望しました

竹内市長と面談する田代町長

平成22年10月7日

 

洲本市を表敬訪問し、竹内通弘市長と面談し、情報交換を行いました

ページトップへ戻る

平成22年7月2日

 

淡路市を表敬訪問しました。 門 康彦市長と面談し港湾の活性化について意見交換を行いました。
 

門市長面談する田代町長港湾活性化についての意見交換の様子

平成22年6月23日

 

南海フェリー(株)、大阪フェリー協会、近畿旅客船協会を訪問し、深日港の活性化、深日航路の再生について情報交換を行いました。
 

 

ページトップへ戻る

H26年以降はこちら