現在の位置トップページ > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 高齢者の医療制度

高齢者の医療制度

■ 概要

平成20年4月から老人保健制度が後期高齢者医療制度に変わりました。
75歳以上の方(65歳以上で一定の障害があると認定された方も含みます。)は、平成20年4月からは、後期高齢者医療制度で医療を受けることになりました。

■ 目的

急速な少子高齢化が進み、高齢者の医療費が増える中、医療保険制度を維持するために、各世代を通じて公平で、社会全体で支えあう、分かりやすい制度にすることを目的としています。都道府県単位で運営することで安定した制度とします。

■ 運営主体

運営については、大阪府内すべての市町村が加入する「大阪府後期高齢者医療広域連合」が行います。また、市町村では各種申請や届出などの窓口業務と保険料の徴収業務を行います。

大阪府後期高齢者医療広域連合が行うこと→制度の運営全般を行います。
保険料の決定
被保険者証の発行・資格証明書の発行
被保険者の認定・資格管理
医療等の給付
保健事業(健診等)の実施など
市町村が行うこと→各種申請や届出などの窓口業務をおこないます。
保険料の徴収
被保険者証の引き渡し
被保険者資格の取得・喪失の届出の受付
各種申請の受付など

■ 大阪府後期高齢者医療広域連合について

大阪府内の後期高齢者医療制度の運営を行う組織です。

ホームページ:http://www.kouikirengo-osaka.jp/index.html
〒540-0028
大阪市中央区常盤町1丁目3番8号(中央大通FNビル8階)
電話番号:06-4790-2028(資格管理課)・2031(給付課)・2029(総務企画課)
電話受付時間は、平日午前9時から午後5時30分です。

■ 財政運営

後期高齢者医療制度は、被保険者の方々の医療を国民みんなで支えるしくみです。
医療にかかる費用のうち窓口負担を除く分を、公費、現役世代からの後期高齢者支援金、被保険者からの保険料によって負担します。

■ 後期高齢者にかかる医療費

医療費1,000円の内訳は次のとおりです。

窓口で払う金額(自己負担):100円
後期高齢者医療制度で負担する金額:90円
後期高齢者支援金で負担する金額:360円
公費負担(国・都道府県・市町村):450円
(公費負担は、国・都道府県・市町村で、4・1・1の割合で負担することになっています)。

後期高齢者にかかる医療費の円グラフ

■ 被保険者(加入対象となる方)

  1. 75歳以上の方すべて(75歳の誕生日当日から)
  2. 65歳から74歳の方で、申請により一定の障害があると認定された方(認定を受けた日から)
    なお、障害の程度の詳細は、下記担当までお問い合わせください。

※生活保護受給者は、被保険者にはなりません。

お問合せ先

しあわせ創造部 保険年金課 保険年金係

〒599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話番号:072-492-2705(直通電話番号-ダイヤルイン)