現在の位置トップページ > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 保険料と納め方

保険料と納め方

■ 保険料

保険料は、被保険者全員が等しく負担する「被保険者均等割額」と所得に応じて負担する「所得割額」で構成され、個人ごとに決まります。
保険料を決める基準(保険料率)については、広域連合が決定し2年ごとに見直されることになっています。

会社の健康保険などの被扶養者であった方
(これまで保険料負担がなかった方)の保険料の軽減
※国民健康保険・国民健康保険組合に加入されていた方は対象となりません。
後期高齢者医療制度に加入する日の前日において会社の健康保険や共済組合、船員保険の被扶養者であった方は、所得割額は課されず、被保険者均等割額の9割が軽減されます。

■ 納め方

年金受給額等によって、「特別徴収」と「普通徴収」の2通りにわけられます。

(1)特別徴収(年金からのお支払い)
原則として、年間18万円以上の年金受給者は、毎年4月から年間6回の年金支給の際、保険料が徴収されます。
ただし、後期高齢者医療制度の保険料と介護保険料との合算額が年金受給額の2分の1を超える場合は、普通徴収となります。
また、特別徴収の対象となる方でも、事情により普通徴収になる場合があります。
(注)複数の年金を受給している方の場合は、年額18万円以上の年金のうち、優先順位の高い1つの年金が特別徴収の対象となります。
※特別徴収で納めることになっている方で、口座振替でお支払いを希望される方は、申請していただくことで、口座振替が可能になります。
(2)普通徴収(納付書や口座振替等で徴収)
特別徴収の対象とならない方は、納期(毎年7月から翌年3月までの9期)に納付書や口座振替等で保険料を徴収します。

■ 保険料を滞納したとき

(1)納期限を過ぎて、納付がない場合、督促状が送付されます。(督促手数料100円が課されます。)

(2)さらに特別な事情もなく滞納が続いたときは、有効期限が短い(6ヶ月)被保険者証に変更され、交付の際には窓口までお越しいただきます。

(3)理由もなく、1年6ヶ月以上の滞納となった場合は、保険給付の全部又は一部が差し止められる場合があります。

(4)財産などが差し押さえられる場合があります。

※保険料は期限内に納めるようにしましょう。また、納付が困難な場合は、下記の担当窓口にご相談ください。

お問合せ先

しあわせ創造部 保険年金課 保険年金係

〒599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話番号:072-492-2705(直通電話番号-ダイヤルイン)