現在の位置トップページ > 暮らしの情報 > 妊娠・出産・子育て > こどもの急病

こどもの急病

■ 日ごろからの準備

このページの内容と休日・夜間診療所の案内をダウンロードすることができます。
ダウンロード欄の文字列をクリックすると、書類をダウンロードすることができます。(書類はすべてPDF形式です)。

こどもの急病と休日夜間診療所の案内ダウンロード
書類 ダウンロード
こどもの急病~上手な受診のしかた~
(このページと同じ内容です)
ダウンロード
PDF(132KB)
小児科救急担当病院(曜日別)と休日夜間急病診療所 ダウンロード
PDF(100KB)

■ 上手な受診のしかた

(1)「かかりつけ医」をもちましょう
ふだんから、こどもの健康管理について相談できる「かかりつけ医」を持ちましょう。それぞれのこどもに合った助言や指導が受けられるようにし、急病時の対応についても聞いておきましょう。
(2)受診はできるだけ診療時間内に
医師や看護師などスタッフが揃っており、検査その他の診療体制が整っている通常の診療時間内に受診しましょう。
(3)どもの症状や様子がわかる人が付き添いましょう
受診時は、こどもの症状や様子、食事状況などがわかる人が付き添いましょう。症状・経過等、飲んでいる薬などをメモしておくと、受診時の病状説明に役立ちます。

■ 夜間や休日に急病になった場合

赤ちゃんやこどもは、発熱したり、下痢をしたりしても、症状を自分の言葉で説明できないことがほとんどです。
どんな時に急いで病院にかかるべきか・・・。保護者の方は落ち着いてこどもの状態を観察し、「ふだんの症状と様子が違うか」という点に注意をはらっていただきたいものです。

食欲がある、水分はとれている、機嫌が良い、元気、眠れる、おしっこの回数は普段どおり・・・などの状況では、しばらく様子をみて、診療時間に「かかりつけ医」を受診しましょう。

次のようなときは、早めに救急外来を受診した方がよいでしょう

  1. 生後3ヶ月未満の赤ちゃんの高熱(概ね38度以上)
  2. 顔色が悪く、ぐったりしている
  3. 激しく泣き、あやしても泣き止まないでぐずっている
  4. 眠ってばかりで呼びかけてもすぐに眠る
  5. 呼吸の様子がおかしい
  6. 水分を受け付けない。おしっこが半日くらい出ない
  7. 嘔吐や下痢をくりかえし、ぐったりしている

■ こどもの急病相談窓口

こども救急相談ダイヤル
小児科医の支援体制のもとに看護師と保健師が相談に応じます
365日/20時から翌朝8時
携帯電話・プッシュ回線:#8000
ダイヤル回線・IP電話など:06-6765-3650
誤飲・誤食をしたとき
365日/24時間対応
財団法人日本中毒情報センター(中毒110番) 電話番号:072-727-2499
タバコ専用電話(テープによる情報提供):072-726-9922
こどもの救急ホームページ
こどもの救急ホームページ
夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。
ホームページ:http://kodomo-qq.jp/

■ こどものための休日・夜間救急医療機関-小児二次救急医療機関

小児二次救急医療機関とは、小児科専門医師による救急患者の入院治療の受け入れ体制の整った病院です。
詳細については直接医療機関へお問い合わせ下さい。

こどものための休日・夜間救急医療機関のリスト
曜日 病院名 電話番号 診療時間
岸和田徳洲会病院 072-445-9915 午後6時半~翌午前7時
和泉市立病院 0725-41-1331 午後5時15分~翌午前6時
泉大津市立病院 0725-32-5622 午後7時~翌午前6時
市立岸和田市民病院 072-445-1000 午後5時~翌午前6時
市立貝塚病院 072-422-5865 午後5時半~翌午前5時半
岸和田徳洲会病院 072-445-9915 午前11時半~翌午後5時
泉大津市立病院 0725-32-5622 午後11時~翌午前6時
(第1・3土曜日)
和泉市立病院 0725-41-1331 午後11時~翌午前6時
(第2・4・5土曜日)
阪南市立病院 072-471-3321 午後11時30分~翌午前6時
(第5土曜日)
市立岸和田市民病院 072-445-1000 午後11時~翌午前6時
(第1・3・5日曜日)
市立泉佐野病院 072-469-3111 午後11時~翌午前6時
(第2・4日曜日)

お問合せ先

岬町立保健センター(しあわせ創造部 地域福祉課 保健医療係)

〒599-0311
大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2424-3
電話番号:072-492-2424・2425