現在の位置トップページ > パブリックコメント制度 > パブリックコメント(募集を終了した案件と結果) > 岬町まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)パブリックコメントックコメントへの意見募集の概要

岬町まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)パブリックコメントックコメントへの意見募集の概要

■ 意見募集の概要

(1)募集期間
平成28年1月25日(月)~平成28年2月12日(金)
(2)募集方法
情報公開コーナー(役場1階)、淡輪公民館、保健センター、健康ふれあいセンター(ピアッツァ5)に閲覧用の資料を備え付けるほか、町ホームページで計画等の素案を公表しました。
意見は、所管課窓口への書面による提出、郵送、ファックス、電子メールで受け付けました。
(3)意見提出者
2名 (内訳 岬町住民2人 その他0人)

■ 意見の内容

「反映」の表示 A:意見を反映する B:今後の参考とする C:反映できない、意見の趣旨や内容が具体的でなく回答不能など

「意見」の前の数字は、意見提出者の整理番号と意見提出者ごとの意見の整理番号を示します。

  意見内容 町の考え方
1 深日のみなと地区に「民間図書館」を誘致することで、住民意識調査による3つの重要優先課題(①地元雇用の確保、②地域経済の活性化と賑わいの創出、③子育て・教育環境の充実と子育て世代の定住及び出生率の向上)を同時に満たす可能性が高いと考えられる。 今回の総合戦略は、町が抱える少子高齢化や人口減少問題を解決するため、平成31年度を目標として具体的な数値目標を定め、その目標を達成するために取り組むべき事業を定めるものです。
ご提案いただきました「民間図書館」の誘致につきましては、添付いただいた新聞記事にもあるとおり、民営・官営それぞれにメリット、デメリットがあり、慎重に検討する必要があります。
図書館の設置につきましては、これまでもいろいろなご意見をいただいており、第4次総合計画の中で、将来の図書施設、図書事業のあり方の検討を進めることを位置付けております。
本町では、役場庁舎を含めて公共施設の老朽化が進んでおり、
公共施設全体の管理運営の観点からの検討も必要であり、平成31年を目標とする本計画に、民間図書館の誘致を位置付けることは難しいと考えておりますが、図書事業のあり方については、
今後も検討を進めてまいりたいと考えております。
なお、深日港には将来の航路再生も考慮して平成28年3月に「観光案内所」をオープンさせ、地域の活性化に努めてまいりたいと考えております。
(反映 » B)

お問合せ先

直轄 まちづくり戦略室 企画政策担当

〒599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話番号:072-492-2775(直通電話番号-ダイヤルイン)