現在の位置トップページ > 各課のお知らせ > 直轄まちづくり戦略室 地方創生企画政策担当 > 岬町まちづくりエディターを募集します!

岬町まちづくりエディターを募集します!

「まちづくりエディター」募集

大阪府岬町では、空き家の利活用、移住の支援、農漁業の活性化などのミッションに取組む
「まちづくりエディター」を募集します!

岬町は大阪府の最南端に位置し、大阪市の都心部まで約1時間、隣接する和歌山市の中心部までは約20分、関西の空の玄関口である関西国際空港までは約30分の距離にあります。
また、大阪湾ベイエリアの中でも数少ない自然海岸を有し、和泉山系の緑にも囲まれた地域で、大阪都市圏にありながら豊かな自然を享受できる暮らしが可能な地域です。
古くから海上交通の要衝として栄え、四国や淡路島からの海の玄関口でありましたが、近年、航路が廃止され、まちの主要事業所であった火力発電所も長期休止となったことから、若い世代の流出が進み、まちの賑わいが失われつつあり、空き家の利活用、移住や定住を見据えた持続可能なまちづくりが課題となっています。
このような状況を踏まえ、岬町では、昨年度から大阪大学やまちづくり会社と連携して、空き家や公共空間を活用して暮らしを楽しむまちづくりができないかを考えるワークショップを開催してきました。
そして、これらの取組をさらに加速させるため、私たちと一緒に活動してくれる「まちづくりエディター」を募集します。

私たちと一緒に「暮らしを楽しむまち」をつくりませんか!
↓詳しくはコチラ↓
【募集要項】

1 これまでの岬町の取組

昨年から岬町では、町内外の方に参加いただき、様々なワークショップやイベントを開催し、まちに関わってくれる人たちを少しずつ増やしてきました。
今回募集するまちづくりエディターの方と連携して、これらの取組を継続していきたいと考えています。

古い街並みが残る漁村のまち歩き
古い街並みが残る漁村のまち歩き

空き家の活用に関するワークショップ
空き家の活用に関するワークショップ

ローカル線の活用を考えるワークショップ
ローカル線の活用を考えるワークショップ

本箱づくりワークショップ
本箱づくりワークショップ

ローカル線の駅を活用した酒場イベント
ローカル線の駅を活用した酒場イベント

ローカル線の駅を活用した酒場イベント

空き家のお掃除ワークショップ
空き家のお掃除ワークショップ

2 募集の概要

(1) 任期
1年間(1年ごとに更新し、最大3年まで)
(2) 採用人数
2名
(3) 雇用形態
非常勤嘱託員
(4) 給与
月額200,000円
(5) 福利厚生
•保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)へ加入
•住居(無償貸与。生活に必要な家具、器具類及び光熱水費は自己負担)
•活動に必要な備品や自動車については、町が用意します。
 (自家用車がある場合は、月額15,000円を支給)
(6) 仕事内容
空き家の利活用
町内の空き家を活用して交流の拠点となる集客施設(ゲストハウス、カフェ、パン屋、コワーキングスペースなど人が集える場)を整備し、地域活性化の拠点づくりを行う。
移住の支援
•町と連携して移住ワークショップや体験ツアー、地域活性化イベントの企画運営を行う。
•町や町内で活動する大学と連携して空き家を活用した移住·起業希望者の受入環境の整備に取組む。
•岬町の地域資源を使って楽しく暮らすライフスタイル「岬暮らし」を実践して外部に情報発信する。
農漁業の活性化
町内の漁業協同組合や農園の運営に取組むシルバー人材センターと連携しながら農産物や海産物のブランド化、6次産業化(お土産·特産品開発)に取組む。
(7) 勤務地
大阪府泉南郡岬町
(8) 勤務時間
1日あたり7時間45分のフレックス制(休憩時間45分)
※勤務時間については別途協議します。
(9) 休日休暇
•週休3日制(日曜日~土曜日の間で3日間。ローテーションは別途協議)
•年次休暇
•特別休暇(祝日、夏季、年末年始など)
(10) 応募条件
•岬町へ移住し、住民票を移すことが可能な方
•岬町のまちづくりに対する意欲のある方
•普通自動車運転免許を取得している方
•パソコンの基本的な操作ができる方
•地方公務員法で定める欠格事項のいずれにも該当しない方
(11) 応募方法
応募用紙及び提案資料を郵送してください。
※提案資料はメールで提出していただくことも可能です。
 [郵送先]〒599-0392 大阪府泉南郡岬町2000-1
     岬町役場総務部企画地方創生課
 [Email] kikaku@town.osaka-misaki.lg.jp
応募用紙
岬町まちづくりエディター応募用紙
提案書類
①課題内容
 下記より希望する業務に関するテーマを選択し、「自分はこの業務に対してどのような提案をするか」と題し、1,000字程度(目安)の資料を作成の上、提出してください。
 文章の他、図解や表、写真など使ったプレゼンテーション形態でも可とします(ページ数は10ページ以内とします。)。必要な情報はホームページ等での調査、岬町職員に対する質問も可とします。
②業務と内容詳細
 a 空き家の利活用
 町内の空き家を活用して交流の拠点となる集客施設の起業に取組み、岬町の空き家活用のモデル事例をつくる事業。提案に当たっては、より多くの人が関与できるしくみとなるよう留意すること。
b 移住の支援
 移住ワークショップや体験ツアー等の企画運営などの具体的な取組により、移住希望者を発掘する事業
c 農漁業の活性化
 町内の漁業協同組合や農園の運営に取組むシルバー人材センターと連携しながら一次産業を核とした生業づくりに取組む事業
(12) 説明会
まちづくりエディターについての説明会を下記のとおり開催します。
(説明会に参加しなくても応募は可能です。)
大阪会場
日時
平成29年12月17日(日)1回目 11:00~
2回目 14:00~
場所
〒530-0011
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪南館
パナソニックセンター大阪1階セミナールーム
東京会場
日時
平成30年1月12日(金)
場所
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
ふるさと回帰支援センター セミナーコーナーA
現地説明会
日時
平成30年1月27日(土) 10:00~
場所
〒599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000-1 岬町役場
(13) 選考方法
第1次選考
応募者が多数の場合、応募用紙及び提案資料をもとに書類選考します。
選考結果は文書で通知します。
第2次選考
第1次選考合格者を対象に岬町役場で面接試験を行います。
最終選考結果は文書で通知します。
(14) 選考プロセス
応募(応募用紙及び提案資料)
 ↓
まちづくりエディター説明会(大阪:12月17日、東京:1月12日)
 ↓
応募締切(1月19日)
 ↓
第1次選考(応募者が多数の場合)
 ↓
現地説明会(1月27日)
 ↓
第2次選考(1月28日)
 ↓
採用
大阪(パナソニックセンター大阪)、東京(ふるさと回帰支援センター)での説明会、現地説明会、面接を行い、採用する予定です。(説明会に参加できなくても応募することは可能です。)
まずは下記よりご応募·お問合せください。
応募に係る経費は、全て応募者の負担となります。

ダウンロード

書  類 ダウンロード
 岬町まちづくりエディター募集要項 ダウンロード
PDF(158KB)
-
 応募用紙 ダウンロード
PDF(167KB)
ダウンロード
Word(70KB)

【お問合せ】岬町企画地方創生課
電話072-492-2775
メールkikaku@town.osaka-misaki.lg.jp

お問合せ先

総務部 企画地方創生課

〒599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話番号:072-492-2775(直通電話番号-ダイヤルイン)