新型コロナウイルスワクチン接種証明書について(令和4年7月25日更新)

更新日:2022年07月25日

国において令和3年12月20日(月曜日)から予防接種証明書のデジタル化の運用が開始されることに伴い、予防接種証明の電子交付が可能となり、利用用途についても海外渡航予定がある方に加え、国内での利用も可能となります。

岬町においても、国の制度改正に基づき、令和3年12月20日(月曜日)より海外用に加え、国内用の申請受付および電子・紙媒体での交付を開始します。

また、令和4年7月26日からコンビニ交付が開始されます。

※利用可能な市町村やコンビニ等の店舗により異なる場合があります。

詳細については、以下をご確認ください。

コンビニでの接種証明書交付について

令和4年7月26日から新型コロナウイルス感染症予防接種証明書をコンビニで取得できるようになります(厚生労働省リーフレット)(PDFファイル:808.1KB)

1.サービス開始時期

令和4年7月26日(火曜日) 6:30開始

※同日以降、毎日6:30~23:00で取得可能

※事業者により開始日時が異なります。利用可能な事業者については以下をご確認ください。

 

2.利用可能なコンビニ等の事業者

事業者店舗名一覧(令和4年7月14日時点)(PDFファイル:451.8KB)

※今後順次、対象事業者が拡大するよう調整を進める予定です。

※現時点で、町内において利用可能となる事業者は株式会社セブン-イレブン・ジャパンのみであり、当事業者のサービス開始は令和4年8月17日となる予定です。

 

3.利用に必要なもの

(1)マイナンバーカード

(2)証明書発行手数料(1通あたり120円)

※印刷不良の場合を除き、発行後の変更には対応できません。

※コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容を確認いただくことになります。(接種時に交付された接種済証など、接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと、内容の確認をスムーズに行うことができます。)

 

コンビニ交付による取得方法

コンビニエンスストア等店舗での、コロナワクチン接種証明書発行方法について(PDFファイル:4.4MB)

 

注意:事前に確認いただく必要があること

※コンビニ等で海外用の接種証明書を取得するためには、令和4年7月21日以降に書面かアプリで海外用の接種証明書を取得している必要があること

※申請先(接種時に住民票があった)市町村および行こうとしているコンビニ等の店舗がサービスに対応していること

 

▼コンビニ交付情報サイト

https://www.lg-waps.go.jp

コンビニ交付情報サイトでは、接種証明書のコンビニ交付に限らずコンビニ交付全般の情報を案内しています。

 

 

 

接種証明書(電子版)について

令和3年12月20日(月曜日)より、接種証明書(電子版)をスマートフォンアプリで発行できます。

接種証明書(電子版)の申請には、スマートフォンとマイナンバーカードが必要です。

※接種証明書(電子版)の申請には、マイナンバーカードとカード交付時に設定した4桁暗証番号(券面事項入力補助AP)が必要となります。

※マイナンバーカード取得には、申請から発行まで1ヶ月程度かかりますので、計画的な取得をご検討ください。

 

マイナンバーカードの申請方法はこちら(外部リンク:総務省)

窓口申請についてはこちら(内部リンク)

申請・交付の流れ

スマートフォン上の専用アプリから申請・取得し、表示可能となります。

※マイナンバーカードを読み取ることができるスマートフォンに限ります。

 

アプリの取得方法や内容の詳細については、デジタル庁のホームページ(外部リンク)および以下の参考資料をご確認ください。

 

 

参考

「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について」(厚生労働省外部リンク)

新型コロナワクチン接種証明書アプリの利用の流れ(PDFファイル:1.5MB)

 

 

 

 

接種証明書(紙版)について

12月20日(月曜日)より、2種類いずれかの接種証明書を紙で発行します。

1.海外渡航用兼国内用接種証明書(申請には有効期限の切れていない旅券(パスポート)が必要です)

2.国内用接種証明書

 

※ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。

※転入等で1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して受けた場合は、それぞれの市町村が申請先となります。

▼留意事項

▼申請対象者

▼申請方法及び発行方法

▼申請先

 

留意事項

国内用接種証明について

 

・国内での方の接種証明は、接種記録書(医療従事者等の接種証明書)もしくは接種券に添付されている予防接種済証(下図参照)でも可能です。お持ちの方は原則申請の必要はありません。

・紛失してしまった方や、接種記録に誤りがある方等で接種証明書が必要な方は、ご申請ください。

 

海外・国内兼用接種証明について

・接種証明書を所持していないことをもって、海外へ渡航ができなくなるものではありません。

・この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省のホームページにおいて随時公表されます。

外務省海外安全ホームページhttps://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html

 

申請対象者

以下のすべてに該当する方が申請対象となります。

・政府が提供する公式アプリおよびマイナンバーカードを用いた接種証明書(電子版)の利用が困難な方

接種時に岬町に住民票があり、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方

申請の対象外となる方

・接種時に岬町以外の自治体に住民票があった方

・国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)

 

申請方法及び発行方法

下記の書類を窓口または郵送でご提出ください。

申請に必要なもの
必須の書類

申請書(PDFファイル:430.3KB)

旅券(パスポート)の写し(有効期限の切れていないもので、海外・国内兼用の申請のみ必要)

本人確認書類国内用の窓口申請のみ必要)

接種券の「予診のみ」部分の写し ※1

接種済証(接種券に記載)か接種記録書の写し ※1

返信用封筒(定形内の封筒に宛名の記載および切手(84円)を貼付したもの) ※2

場合によって必要な書類
旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合 旧姓・別姓・別名の確認書類 ※3
代理人による請求の場合 代理人の本人確認書類(窓口申請のみ)
委任状(同一世帯の方は不要)(PDFファイル:391.6KB)

※1 紛失した場合は不要

※2 接種記録の確認に時間を要する場合、接種証明書は後日郵送での送付となることがあります。

※3 旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など

 

申請先

窓口受付先

岬町立保健センター

住所:大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2424-3

受付時間:9:00~17:30(平日)

郵送受付先

〒599-0392 大阪府泉南郡岬町深日2000-1 岬町しあわせ創造部福祉課保健医療係 宛

問い合わせ先

岬町におけるコロナワクチン接種証明書の発行等についての問い合わせ

岬町コロナワクチンコールセンター

電話番号:072-468-9935

 

コロナワクチン接種証明書の一般的・制度的事柄等に関する問い合わせ

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)
電話番号:0120-761770

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

しあわせ創造部 保健センター
大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2424-3
電話:072-492-2424 
メールフォームによるお問い合わせ