高齢者の医療制度:医療費が高額になったとき

更新日:2018年02月01日

医療費が高額になったとき

1ヶ月の医療費が高額になったときは、申請をして認められると、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

自己負担限度額

自己負担限度額のリスト
  外来個人(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者 44,400円 80,100円
(注釈)
一般 12,000円 44,400円
低所得2. 8,000円 24,600円
低所得1. 8,000円 15,000円

低所得2.

住民税非課税の世帯に属する方

低所得1.

住民税非課税の世帯のうち、年金収入が80万円以下でその他の所得も0円の世帯に属する方

低所得2.・1.の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、保険年金課(10番窓口)に申請してください。(被保険者証と印鑑が必要です)。

(注釈)
医療費が267,000円を超えた場合は、超過分の1%を加算します。
過去1年以内に4回以上限度額を超えた支給があった場合、4回目以降は、44,400円となります。

入院に関わる自己負担金額
負担区分 入院時食事代の標準負担額
食費(1食分)
療養病床に入院した場合
食費(1食分)
療養病床に入院した場合
居住費(1日分)
一般 260円 460円 320円
現役並み所得者 260円 460円 320円
低所得2. 90日以内の入院
(過去1年の入院日数)
210円
210円 320円
低所得2. 90日を超える入院
(過去1年の入院日数)
160円
210円 320円
低所得1. 100円 130円
(老齢福祉年金受給者は100円)
320円
(老齢福祉年金受給者は0円)
この記事に関するお問い合わせ先

しあわせ創造部 保険年金課 保険年金係
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話:072-492-2705 
メールフォームによるお問い合わせ