町民のみなさまへ

  外出する場合は、人混みをなるべく避けるとともに、手洗い、混みあった場所でのマスク着用、
咳エチケット、うがいの徹底を心がけましょう。

       参考:大阪府における発生状況  日本・世界の状況


申請書 


【インフルエンザにかかったかな?と思ったら】

 急な発熱とせきやのどの痛みなどの症状があり、インフルエンザにかかったかなと思ったら、かかりつけのお医者さんや身近な医療機関などにまず電話をして、受診できるかどうかを確認してください。電話をしないで、直接、医療機関等に行くことはぜったいにやめて下さい。何時に、どこに行けばよいかなど、医療機関等から指示がある場合は、それに従ってください。医療機関に行く際は、マスクを着用する、せきエチケットを守るなど、他の人に感染を広げないように注意してください。



  岬町の新型インフルエンザ(H1N1)への基本的な対応方針(Word)、一覧(Excel)
                [平成21年5月25日 岬町新型インフルエンザ対策本部]
   ※基本的には最新の国等の情報を踏まえ、対応します。


   「岬町新型インフルエンザ対策行動計画」   本編  概要  概要版 


 大阪府の新型インフルエンザホームページ


  以下は、鳥インフルエンザ(H5N1型)が変異した新型インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザ)について記載しています。 ブタインフルエンザ(H1N1型)に起因する新型インフルエンザに関しては、上記の各情報をご参照ください。

 これまでに新型インフルエンザの流行はあったの?

  新型インフルエンザとして、大正7年(1918年)に「スペインインフルエンザ」、昭和32年(1957年)に「アジアインフルエンザ」、昭和43年(1968年)に「香港インフルエンザ」、昭和52年(1977年)に「ソ連インフルエンザ」が流行しています。これらはいずれも世界的に流行し、多くの死亡者(たとえば、「スペインインフルエンザ」において、世界では約4,000万人、我が国では約39万人が死亡)を出しました。新型インフルエンザは、10年から40年の周期で流行するといわれています。

 高病原性鳥インフルエンザの発生状況(国立感染症研究所 感染症情報センター)
 新型インフルエンザは、どのようにして発生するの?

  鳥インフルエンザも新型インフルエンザも同じインフルエンザの仲間です。鳥インフルエンザウイルスが新型インフルエンザになるには、2つの仕組みがあります。
  ひとつの仕組みは、鳥インフルエンザウイルスが人や鳥類の体内で変異し、人から人へ感染するウイルス(新型インフルエンザウイルス)になることです。
  もうひとつの仕組みは、人やブタに、人のインフルエンザウイルスと鳥インフルエンザウイルスが同時に感染し、それぞれが混ざり合い、人から人へ感染する新型インフルエンザウイルスになることです。

 新型インフルエンザに感染した場合、どのような症状が出るの?

  新型インフルエンザに変化する可能性がある鳥インフルエンザ(H5N1)が人に感染した場合は、重い症状が出ています。突然の高熱、咳、倦怠感、時に下痢などがみられ、多臓器不全、脳炎で死亡することもあります。
  また、新型インフルエンザの免疫は誰も持っていないので、4人に1人がかかると言われています。短期間に世界中で大流行し、多くの人々に被害を与えるとともに、流通などの経済活動が低下し、生活に必要なサービスが制限されるなど、様々な問題が生じると考えられています。

 新型インフルエンザを防ぐにはどうしたらいいの?

  通常のインフルエンザは、感染した人の咳、くしゃみや唾液などの飛沫とともに放出されたウイルスを吸い込むことで感染します。現状では、新型インフルエンザウイルスは出現していませんが、出現した場合にも通常のインフルエンザと同様の感染防御が重要です。
  鳥インフルエンザウイルスが発生している流行地への渡航を控える、人混みや繁華街への外出を避けましょう。また外出するときは、マスクを着用し、帰宅時には手洗い、うがいを忘れないようにしましょう。普段から、十分に休養や睡眠をとり、バランスの良い食事をすることも、体力や免疫力を高めることに大切です。
  また、乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなります。マスクの着用の他に、部屋の湿度を適度(50%から60%)に保つことも良いことです。

《家庭や個人で今からできる準備》
 ◇うがい・手洗いを習慣づけ、咳エチケットを心がけましょう。熱、咳、くしゃみ等の症状のある人
   にはマスクを着けてもらい、また、このような人と接するときはマスクを着けましょう。
   マスクがない時は、鼻や口をティッシュなどで押さえてしぶきが飛び散るのを防ぎ、使ったティッ
   シュは速やかにゴミ箱に捨て、その後は手を洗いましょう。
 ◇体調の悪い時は外出は控えましょう。早めに休養して栄養を十分にとり、体力をつけて抵抗
   力や免疫力を高めましょう。


  新型インフルエンザの流行は全世界でほぼ同時に起こるため、電気・水道・ガス・通信・輸送などのライフラインが停滞し、食料や日用品が一時的に手にはいりにくくなる可能性があり、地震などの災害と違い、他の地域からの救援は期待できません。2週間程度は外出しなくてもすむよう食料品・水・日用品などを備蓄しておきましょう。また、インターネット、テレビ、ラジオ、新聞等から最新で正確な情報を入手し、今から正しい知識を身につけましょう。

  新型インフルエンザ対策においては、ひとり一人が正しい知識を持ち、適切な行動をとる ことが大切です。厚生労働省の動画チャンネルでは、アニメーションと特殊映像を使ったWebムービーで、わかりやすく個 人で出来る感染予防法を解説しています。

 厚生労働省動画チャンネル
 家庭用食料品の備蓄について
  万一、新型インフルエンザが発生した場合、感染を避けるためには外出を極力控えることが大切ですが、このためには各ご家庭で食料品を備蓄しておくことが重要となります。
  このたび、農林水産省において、備蓄する品目や量の目安をお示しした「新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド」が作成されました。ご家庭で活用いただき、できるだけ早期に、また計画的に食料品の備蓄に取組んでください。
 家庭用食料品備蓄ガイド (農林水産省発行 H21.4.9プレスリリース)