○岬町同和更正資金貸付運営審議会規則

昭和41年9月13日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、岬町同和更正資金貸付の運営に関する事項を審査する機関を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 岬町同和更正資金貸付の改善調整に必要な調査審議を行わせるため、岬町同和更正資金貸付運営審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(審議事項)

第3条 審議会は、町長の諮問に応じて、次に掲げる事項を調査審議し、かつ、意見を具申するものとする。

(1) 岬町同和更正資金貸付の審査

(組織)

第4条 審議会は、委員10人で組織し、町長が委嘱する。

町職員 2人

地区住民代表 5人

議会の議員 3人

(会長)

第5条 審議会に会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、会務を総理する。

3 会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、あらかじめ会長の指定する委員がその職務を代理する。

(会議)

第6条 審議会は、会長が招集する。

2 審議会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、町長の決するところによる。

(庶務)

第7条 審議会の庶務は、町長の定める機関において所掌する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

岬町同和更正資金貸付運営審議会規則

昭和41年9月13日 規則第1号

(昭和41年9月13日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第8節 地域改善対策
沿革情報
昭和41年9月13日 規則第1号