○岬町水道事業公印規程

平成18年3月31日

訓令第10号

(趣旨)

第1条 この規程は、岬町水道事業の公印の種類及びその取扱いについて、必要な事項を定めるものとする。

(公印の名称等)

第2条 公印の名称等は、別表のとおりとする。

(公印の管守)

第3条 公印は、課長が管守する。

2 前項の規定により公印を管守する者(以下「公印管守者」という。)は、善良な管守者の注意を怠ってはならない。

3 公印管守者は、予め事故の備え、代理者を定めておかなければならない。

(公印台帳)

第4条 課長は、公印台帳(様式第1号)を備え、常に整備しておかなければならない。

(公印の作成及び改廃)

第5条 公印を作成し、改刻し、又は廃印しようとするときは、管理者の決裁を受けなければならない。

2 改刻又は廃印した公印は、公印管守者において焼却その他の方法により廃棄しなければならない。

(公印の告示)

第6条 前条の規定により、公印を作成し、若しくは改刻したときは、印影をつけてその旨を速やかに告示しなければならない。

(公印の事故届)

第7条 公印の管守者は、公印に関し盗難、紛失その他事故が生じたときは、速やかに部長を経て、管理者に届け出なければならない。

(公印の使用)

第8条 公印を使用しようとするときは、押印を要する文書に決裁文書を添え、公印管守者に申し出なければならない。

2 公印管守者は、前項の申し出があった場合は、次の事項について審査し、その適切なことを確認したときは、決裁済文書に公印使用の認印を押したうえ、公印を自ら押し、又は押させることができる。

(1) 決裁が済んでいること。

(2) 事務主担者の表示が明確であること。

(3) 公用文として適切なものであること。

(印影の印刷)

第9条 公印管守者が特に必要と認めるものについては、公印の押印に替えて印影を印刷し、又は印影を縮小して印刷することができる。

2 前項により印影を印刷しようとするときは、管理者の決裁を受けなければならない。

3 印刷に使用した印影の原版及び印影を印刷してあるものは、常にその保管を厳正にし、他に利用されることのないよう注意するとともに不要となったときは、速やかに廃棄しなければならない。

附 則

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

番号

名称

ひな型

寸法

印材

使用区分

1

大阪府泉南郡岬町長の印

画像

方21mm

つげ

町長名をもってする文書

2

泉南郡岬町水道企業出納員之印

画像

方23mm

つげ

企業出納員名をもってする文書

3

領収の印(企業出納員)

画像

直径30mm

ゴム

現金領収用

4

領収の印(水道集金員)

画像

直径15mm

ゴム

現金領収用

画像

岬町水道事業公印規程

平成18年3月31日 訓令第10号

(平成18年4月1日施行)