○岬町漏水による水道料金の軽減取扱要綱

平成18年3月31日

訓令第11号

岬町水道料金の漏水にかかる減免取扱要綱の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、岬町水道給水条例(平成9年岬町条例第17号)第33条の規定に基づき、漏水による水道料金の軽減(以下「料金の軽減」という。)について、必要な事項を定めることを目的とする。

(料金の軽減対象)

第2条 料金の軽減の対象は、給水装置の使用者、管理者又は所有者(以下「使用者等」という。)が、善良な注意をもって管理をしているにもかかわらず、メーターより屋内(2次側)において発生した漏水で、その事実を知り、速やかに適切な措置を行った者とする。

(料金の軽減対象事項及び漏水量の軽減率)

第3条 料金の軽減対象事項及び軽減率は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 給水装置(給水用具を除く。以下同じ。)が破損したとき 次条により算定された漏水量の2分の1

(2) 町が施行した工事に起因して給水装置が損傷したとき 次条により算定された漏水量の全額

(3) 町のメーター取付け又は取替の不備によるとき 次条により算定された漏水量の全額

(漏水量の算定方法)

第4条 漏水量の算定方法は、漏水月分の使用水量から前年同月分の使用水量を差し引いて得た水量とする。

2 前項の規定によりがたいときは、漏水月分の使用水量から漏水月分前3か月分の平均使用水量を差し引いて得た水量とし、その水量に端数が生じたときはこれを切り上げるものとする。

3 前2項によりがたいときは、漏水月分の使用水量から漏水月分以後の使用水量を差し引いて得た水量とすることができる。

(料金の軽減の算定方法)

第5条 料金の軽減の算定方法は、次のとおりとする。

漏水月の水量に対する料金-(漏水月の水量-前2条の規定により算出した漏水量)に対する料金

2 料金の軽減は、漏水期間の6か月を限度とする。

(料金の軽減対象外の漏水)

第6条 次の各号に掲げる漏水の場合は、料金の軽減対象としない。

(1) 使用者が漏水の事実があるにもかかわらず、修理等必要な措置を講じなかったとき。

(2) 給水装置が老朽化等により、町長が布設替を要請したにもかかわらず放置しているとき。

(料金の軽減の申請)

第7条 料金の軽減を受けようとする使用者(以下「申請者」という。)は、水道料金軽減申請書(様式第1号)に、岬町指定給水装置工事事業者が作成した修理証明書(様式第2号)を添えて町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請があったときは、内容を審査し、その結果を申請者に通知するものとする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、町長が特に料金の軽減の必要があると認めた場合は、その都度認定するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行期日までに、この要綱による改正前の水道料金の漏水にかかる減免取扱要綱によりなされた申請については、なお従前の例による。

画像

画像

岬町漏水による水道料金の軽減取扱要綱

平成18年3月31日 訓令第11号

(平成18年4月1日施行)