平成30年4月から福祉医療費助成制度(障害者医療・老人医療・ひとり親家庭医療・乳幼児医療)が変わります

更新日:2018年03月01日

福祉医療費助成制度は、障がいのある方やひとり親家庭などの方々を対象に、医療費の自己負担の一部を助成する制度で、大阪府からの補助金等を財源に実施しています。助成を必要とする方々が安心して医療を受けられるように、今般大阪府の福祉医療費助成制度の補助基準について、見直しが行われたため、対象者や対象医療、一部自己負担額の変更を行います。

平成30年4月1日からの変更点(太字下線部分)※4医療間での優先順位は廃止されます。

なお、「障害者医療」は、「重度障害者医療」、「乳幼児医療」は、「子ども医療」に名称を変更します。現時点では、平成30年3月末までの名称で標記しています。

 

対象者

区分

対象者

障害者

医療

・精神障害者保健福祉手帳1級所持者

指定難病(特定疾患)受給者証所持者で 障害年金(または特別児童扶養手当)1級該当者

・身体障害者手帳1・2級所持者

・療育手帳(重度)所持者

・療育手帳(中度)及び身体障害者手帳所持者

老人医療

・障害者医療に整理・統合し、重度以外の精神通院医療該当者・難病患者と結核患者は助成対象外となります。

ただし、平成30年3月31日時点で老人医療 対象者(老人医療証所持者)については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。

ひとり親

家庭医療

・ひとり親家庭の18歳に到達した年度末までの子

・上記の子を監護する父または母

・上記の子を養育する養育者

・ひとり親家庭には、裁判所から配偶者暴力等(DV)に関する保護命令が出されたDV被害者を含みます。

乳幼児医療

・0歳から15歳に到達した年度末までの子

 

対象医療

区分

制度改正前

(平成30年3月31日まで)

制度改正後

(平成30年4月1日から)

全制度

医療保険が適用される医療

※訪問看護ステーションが行う訪問看護(訪問看護療養費)は対象外

医療保険が適用される医療

・訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)への対象拡充

・精神病床への入院は助成対象外

ただし、平成30年3月31日時点での福祉医療費助成制度対象者(法別番号90の助成対象者を除く)については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。

 

一部自己負担額

区分

一日あたりの負担額

月2日限度

院外調剤への自己負担

治療用装具への自己負担

月額上限額

障害者医療

老人医療

一つの医療機関・訪問看護ステーション当たり入院・入院外1日500円以内

なし

一つの調剤薬局当たり1日500円以内

 

1つの意見書あたり

500円以内

3,000円

ひとり親家庭医療

乳幼児医療

一つの医療機関・訪問看護ステーション当たり入院・入院外1日500円以内

あり(変更なし)

なし(変更なし)

なし(変更なし)

2,500円(変更なし)

※一部自己負担額が月額上限を超えた場合は、超えた額をお返しします。平成30年4月診療分以降の手続きについては、決まり次第お知らせいたします。

 

問合せ

障害者医療について 福祉課 492-2700

老人医療について 保険年金課 492-2705

ひとり親家庭医療・乳幼児医療について 子育て支援課 492-2709

この記事に関するお問い合わせ先

しあわせ創造部 福祉課 福祉係
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話:072-492-2700 
メールフォームによるお問い合わせ