ふるさと納税のご案内

更新日:2020年11月18日

岬町へのご支援をよろしくお願いします

 岬町は、『豊かな自然 心かよう温もりのまち”みさき”』を将来像とする総合計画のもとに、魅力的なまちづくりに取り組んでいます。

 当町に対する皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。また、町民の皆様には、是非、町外にお住まいのご家族・ご親戚やお知合いに対して、岬町への「ふるさと納税」を地域のPRも兼ねて呼びかけていただければ幸いです。

※ふるぽのページはこちら

 

ふるぽ

 

ふるさと納税制度とは

 「ふるさと納税制度」とは、この自治体を応援したい!ふるさとに貢献したい!という人たちの思いを寄附という形にしてふるさとや応援したい市・町・村、都道府県に寄附をした場合、そのお金の一部がその年の所得税と翌年度の住民税から差し引かれる制度です。所得税控除額、個人住民税控除額ともに、2,000円を超える部分が対象となり、例えば4万円の寄附をした場合、年収によっては合計3万8千円の税金が控除されることになります。

※控除される金額には上限があり、所得の状況によってその額は異なります。

 さらに、寄附をしていただいた金額に応じて岬町の特産品等を受け取ることも可能です。(町内在住の方は除く)

 また、平成27年度からは一定の条件を満たせば確定申告が不要となるワンストップ特例制度も始まり、ますます使いやすくなっていますので、この機会にぜひ岬町へのふるさと納税をご検討ください。

※控除される金額には上限があり、所得の状況によってその額は異なります。

※ワンストップ特例制度は、確定申告の不要な給与所得者の方などが「ふるさと納税」を行う場合、1年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。なお、6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度をご活用いただけます。

岬町は地方税法に基づく「ふるさと納税の対象となる団体」として総務大臣の指定を受けました。
※指定期間:令和2年10月1日から令和3年9月30日

申し込み方法

ふるさと納税サイトからの申し込み

ふるぽ

注意事項

  • 寄附金控除を受けるためには、所得税の確定申告又は住民税の申告が必要です。申告をする際には、支払い先から発行される領収日付の入った寄附金受領証明書等が必要になります。
  • ワンストップ特例制度を使えば、所得税の確定申告または住民税の申告は不要です。ただし、特例制度を利用する場合は、以下のような条件が付きますのでご注意ください。
    1. ◎もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    2. ◎1年間の寄附先が5自治体以内であること
    3. ◎申し込みのたびに自治体へワンストップ特例申請を行う必要があること
    4. ※寄付をした年の翌年1月10日までに寄附金税額控除に係る申告特例申告書(マイナンバーおよび本人を確認できる書類の写しの添付が必要)を寄付先自治体に提出する必要があります。

 岬町から現金の受け取りに訪問したり、現金自動預払機(ATM)を操作させ振り込みをお願いすることは、絶対にありません。「ふるさと納税」の名をかたった振り込め詐欺には、十分ご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画地方創生課 企画地方創生係
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話:072-492-2775
メールフォームによるお問い合わせ