令和3年度多奈川ビオトープだより

更新日:2021年10月18日

多奈川ビオトープは、岬町の「多奈川地区多目的公園」の中にあります。
かつて、この場所は山や谷が広がっており、たくさんの生きものが暮らしていたと思われますが、「関西国際空港」二期事業の土砂採取場所となり、跡地は多目的公園として整備されました。
その多目的公園の一角に、「多奈川ビオトープ」があり、かつてここに暮らしていた生きものたちを呼び戻そうと、彼らの成育・生息場所となる湿地や草地を創出・維持管理にしたり、もともとこの場所に生育していた樹木を植栽するなど、「自然再生」に取り組んでいるところです。
ボランティアによる「自然再生活動」だけでなく、「自然観察会」などのイベントも計画しております。
詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

7月17日(土曜日)の保全活動について

新型コロナウイルス蔓延の影響により、今年度初めての保全活動となりました。

また、昨年度中止していた自然観察会を実施いたしました。

保全活動の主な取り組み内容は以下の通りです。

ヒメガマの刈り取り・草原維持・展望広場整備

昨年度に引き続き、ヒメガマの刈り取りと草刈りを行いました。

ヒメガマ刈り取りの様子
草原維持
展望広場整備の様子

10月16日(土曜日)の保全活動について

緊急事態宣言の発出により8月、9月の活動は中止となり、3カ月ぶりの活動となりました。

引き続き保全活動を行い、自然観察会には数組の方にご参加いただきました。

保全活動の主な内容は以下のとおりです。

ヒメガマは昨年の刈り取り成果がかなり現れています。

ヒメガマ集積・草原維持・展望広場整備

ヒメガマ引き揚げの様子
展望広場の整備

赤とんぼが飛んでおり、秋らしさが感じられるようになりました。

赤とんぼ
この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画地方創生課 企画地方創生係
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話:072-492-2775
メールフォームによるお問い合わせ