岬町創業支援補助金について

更新日:2018年02月01日

岬ぐらしを促進している親子の写真

岬町では、町内における新たな事業及び雇用の創出を図るため、町内で新たに創業する者に対して必要な支援を行うため、創業に関する費用の一部を補助します。

補助事業期間

平成32年3月31日までとします。

対象者

以下の条件を全て満たす方が対象となります。

  1. 町内に事業所等を設け創業する個人又は法人であること。
  2. この要綱の施行日以降に創業を行う者で、かつ、補助金の交付を申請する日の属する年度の3月末までに創業できる者であること。
  3. 補助金の交付申請日において住民基本台帳法に規定する本町の住民基本台帳に記録されている20歳以上の者であること。(法人の場合は代表者)
  4. 岬町創業支援事業計画に基づく特定創業支援事業を受けたことについての証明書の交付を受けた者であること。
  5. 市区町村税及び本町が賦課する税外収入金を滞納していないこと。
  6. 暴力団員による不当な行為の防止に関する法律第2条第2号に規定する暴力団若しくは同条第6号に規定する暴力団員と密接な関係である団体でないこと。
  7. 過去にこの補助金を受けていないこと。

対象となる業種

次のいずれにも該当しない業種が対象となります。

  1. 次の表に該当する事業
  2. フランチャイズチェーン等の画一的な営業を行う事業
  3. 会社法第2条第3号に該当する子会社
補助金の交付対象としない業種
1 大分類A─農業、林業に属するもの(小分類013─農業サービス業、小分類014─園芸サービス業、小分類022─素材生産業及び小分類024─林業サービス業に属するものを除く。)
2 大分類B─漁業に属するもの
3 大分類J─金融業、保険業に属するもの(小分類674─保険媒介代理業及び小分類675─保険サービス業に属するものを除く。)
4 小分類831─病院、小分類832─一般診療所及び小分類833─歯科診療所
5 中分類85─社会保険·社会福祉·介護事業に属するもの
6 中分類93─政治·経済·文化団体政治に属するもの
7 中分類94─宗教に属するもの
8 次に掲げるサービス業等
(1) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)の規制の対象となる風俗営業及び性風俗関連特殊営業
(2) 小分類803─競輪·競馬等の競走場、競技団に属するもの
(3) 細分類7291─興信所(専ら個人の身元、身上、素行、思想調査等を行うものに限る。)
(4) 細分類7999─他に分類されないその他の生活関連サービス業に属する易断所、観相業、相場案内業
(5) 細分類8094─芸ぎ業及び芸ぎ斡旋業に属するもの
(6) 細分類8096─娯楽に附帯するサービス業に属する場外馬券売場、場外車券売場、競輪·競馬等予想業
(7) 細分類9299─他に分類されないその他の事業サービス業に属する集金業、取立業(公共料金又はこれに準ずるものに係るものを除く。)

備考 産業の分類は、統計法(平成19年法律第53号)第2条第9項に規定する統計基準である日本標準産業分類による。

対象となる経費

次の経費を対象とします。ただし、他から補助を受けるものは対象外となります。

1 創業時点で必要な次の経費

(1) 事務所等開設費

1.事務所等の賃料又は共益費
2.事務所等の外装、内装又は設備工事費

(2) 初度備品費

備品の購入費

(3) 専門家経費

1.創業の事業計画プラン策定等に係る専門家の経費(謝金又は旅費)
2.創業に必要な外注費(調査、分析、設計等)

(4) 広告宣伝費

ホームページ作成、パンフレットその他のチラシ製作、広告、展示会出展等の経費

2 創業後の事務所等に係る次の経費で創業した日から1年以内のもの。

(1) 光熱水費

(2) 通信費

(3) 備品賃借料

1 補助対象経費は、創業時等に必要な経費として明確に区分できるもので、かつ、証拠書類によって発注、納品、支払等の金額、時期、内容等が確認できるものとします。
2 国、大阪府等から創業に係る補助金の交付を受けている場合は、その交付対象となっている補助対象経費は除外します。
3 事務所等の賃料又は共益費は、補助事業者(法人にあっては、その役員を含む。)が自らの住居を兼ねる事業所又は3親等以内の親族が所有する建物で行う事業を除きます。

補助金額

補助対象経費の2分の1、上限を50万円とします。

申請期限

平成32年3月31日まで
予算の範囲内で先着順とします。申請期限前でも予算の状況により申請を終了させていただきます。

申請手続き

岬町創業支援事業補助金交付申請書をご記入の上、必要な書類を添えて、役場総務部企画地方 創生課に提出してください。申請書等は、下記よりダウンロードできます。

  1. 市区町村税の納税証明書(直近1年分)
  2. 住民基本台帳法に基づく住民票の写し(法人の場合は代表者)
  3. 登記事項証明書の写し(法人で既に登記を済ませている場合に限る。)
  4. 個人事業の開廃業等届出書(個人事業の場合に限る。)
  5. 営業許可証の写し(許認可を必要とする業種の場合に限る。)
  6. 定款の写し(法人の場合に限る。)
  7. 特定創業支援事業を受けたことについての証明書の写し
  8. 事業計画書(様式第2号)
  9. 収支予算書(様式第3号)
  10. 事業所の付近見取図
  11. 事業所の開設に係る設備·備品等の見積書(補助対象とする場合に限る。)
  12. 事業所の賃貸借契約書の写し(補助対象とする場合に限る。)
  13. 同意書(様式第4号)
  14. 誓約書(様式第5号)
  15. その他町長が必要と認める書類

ダウンロード

岬町創業支援事業補助金交付要綱は以下のPDF欄文字列をクリックしてください。

岬町創業支援事業補助金交付申請書は以下のPDF,WORD欄文字列よりダウンロードしてご利用ください。

事務手続きのフロー

事務手続きのフロー図
この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画地方創生課 企画地方創生係
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話:072-492-2775
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。