現在の位置トップページ > 観光・歴史 > 文化財 > 岬町の文化財 > 遺跡・旧跡

遺跡・旧跡

宇度(うど)墓古墳

宇度古墳

全長200m・前方部幅120m・後円部径110mを測る前方後円墳で、5世紀後期の築造とされています。
垂仁天皇第2皇子五十瓊敷入彦命の陵墓とされ、宮内庁が管理しています。

交通機関:南海本線淡輪駅下車徒歩5分

大きな地図を表示(別ウィンドウで表示します)

西陵古墳

西陵古墳

全長210m・前方部幅100m・後円部径115mを測る岬町最大の前方後円墳で、葺石・円筒埴輪列の存在が知られ、長持形石棺が確認されています。
「日本書紀」によると雄略天皇の命により朝鮮半島で新羅へ攻める際、病没した紀小弓宿弥が「田身輪邑」に葬られたとあることから紀小弓の墓と伝えられています。

交通機関:南海本線淡輪駅下車徒歩15分または南海多奈川線深日町駅下車徒歩10分

大きな地図を表示(別ウィンドウで表示します)

岬町立孝子小学校

孝子小学校

孝子小学校の校舎は、1876(明治9)年に建築された木造校舎(一部増改築)で現在は休校となり、町史の資料室となっています。

交通機関:南海本線孝子駅下車徒歩2分

大きな地図を表示(別ウィンドウで表示します)

橘逸勢父娘墓

橘逸勢墓

平安時代の官人で、嵯峨天皇・空海とともに「三筆」と呼ばれたわが国を代表する書家の橘逸勢とその娘あやめの墓と伝えられる墓が下孝子に建っています。
様々な説があり真相は不明ですが、古文書によれば1730(享保15)年には存在していたことが確認されています。

交通機関:南海本線孝子駅下車徒歩20分

大きな地図を表示(別ウィンドウで表示します)

お問合せ先

教育委員会事務局 生涯学習課 生涯学習係

〒599-0311
大阪府泉南郡岬町多奈川谷川1905-22
電話番号:072-492-2715(直通電話番号-ダイヤルイン)