特別児童扶養手当

更新日:2018年02月05日

特別児童扶養手当について

20歳未満で、精神または身体に中度以上の障害のある児童の衣食住などの面倒を見ている父母(主として児童の生計を維持する方)または父母に代わって児童を養育している方(児童と同居し、日常生活上の面倒をみて、生計を維持している方)が受給できます。

手当を受けようとする方、または児童が国内に住んでいないときや、児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通所施設を除く)に入所しているとき、児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるときは受給できません。

手当の額は、児童の障害の状態によって決まり、請求者または配偶者および扶養義務者(請求者と同居している父母兄弟姉妹など)に一定額以上の所得がある場合は、資格認定されても手当は支給されません。

外部リンク(大阪府)

制度の詳しい内容はこちらをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

しあわせ創造部 子育て支援課 子育て支援係
大阪府泉南郡岬町深日2000-1
電話:072-492-2709
メールフォームによるお問い合わせ