岬町一般不妊・不育症治療助成事業を開始します

更新日:2018年02月01日

岬町では、出生率の回復をめざし、子どもを産み育てたいと望んでいるのにできないご夫婦を支援するため、一般不妊・不育治療に対する費用の一部を助成しています。
平成28年4月1日からの治療について助成の対象となります。

対象となる方

次に揚げる要件を全て満たす方が対象となります。

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦であること。
  2. 夫婦の一方又は双方が岬町に住民登録していること。
  3. 各種医療保険に加入していること。
  4. 町税等の滞納がないこと。
  5. 妻の年齢が満43歳未満であること。
  6. 岬町暴力団等の排除に関する条例に規定する暴力団関係者でないこと。

助成内容

1年度に1人5万円(夫婦共に治療する場合は10万円)を限度に、最大6年間、助成します。(所得制限はありません)

助成対象経費

  • 次に揚げる治療検査を一般不妊・不育症治療とし、助成の対象とします。
    1. 医療保険各法に規定する療養の給付が適用となる不妊治療
     (例:タイミング法、薬物療法、手術療法等)
    2. 医療保険適用外の不妊治療の内、体外受精及び顕微授精を除く治療(例:人工授精)
    3. 治療の一環として行われる検査、治療開始前に不妊原因を調べるための検査
    4. 医療保険適用の有無に関わらず、不育治療及び検査
     (例:薬物治療、手術治療、抗体検査、染色体検査等)
  • 入院時の部屋代や食事代など治療に直接関係のない費用は、助成の対象外です。
  • 不妊治療を実施している産婦人科、泌尿器科であれば医療機関の指定はありません。

申請方法

  • 一般不妊治療終了後、申請書に関係書類を添えて保健センターに申請してください。
  • 治療を受けた日の属する年度の3月末までに申請してください。
     (平成28年度分は平成29年3月末)
  • 申請内容を審査のうえ、承認を受けた方に対して、口座振込により助成金を支給します。
  • 申請書類、関係書類については、岬町ホームページからもダウンロードできます。

申請書類一覧

  1. 岬町一般不妊・不育治療費助成申請書(様式第1号)
  2. 岬町一般不妊・不育治療医療機関受診等証明書(様式第2号)
  3. 戸籍上の夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本等)
  4. 被保険者等であることを証明する書類(保険証等)
  5. 同意書(様式第3号)
  6. 誓約書(様式第4号)
  7. 医療機関等が発行した領収書(原本)

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

しあわせ創造部 保健センター
大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2424-3
電話:072-492-2424 
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。